ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

イベント・セミナー

3/4開催「非機能要求グレード」実践セミナー~システム基盤の非機能要件定義を体感的に身につける~に登壇

本イベントは盛況のうちに終了いたしました。
多数のご来場ありがとうございました。

テーマ

「非機能要求グレード」実践セミナー
~システム基盤の非機能要件定義を体感的に身につける~

昨今、ITシステムの大規模化・複雑化が進み、一部ではトラブルの発生数が増大しています。
今後、予想もしなかった相手とシステムがつながり、要求が多様化して複雑に深化すると、一つの不備が広範囲に影響し、社会に与えるインパクトは以前とは比較にならないほど甚大になります。

不備が存在する一因は、本来の機能以外の要求である非機能要求(サイバー攻撃を防御しきれずに侵入されることを前提とした新しいセキュリティの考え方やログの相関分析といった新しいセキュリティ対策など)を定義することの難しさが挙げられます。また、非機能要求の重要度を判断し、どの領域で、どの程度の数の非機能要求項目をどのような水準で決めればよいのかといったノウハウを、非機能要求を定義する担当者がもっていない、あるいは十分に活用できていないことが要因として考えられます。

IPAは、このような問題を解決するために、重要な項目から段階的に詳細化しながら非機能要求の確認を行うツールである「非機能要求グレード」を2010年から提供しており、2018年4月には、非機能要求の変化に対応した改訂版「非機能要求グレード2018」を公開しました。 本セミナーでは、この「非機能要求グレード2018」を用いた講義と事例および演習により、現場で実践的に活用できる力を身につけることができます。

  • 本セミナーは、2018年8月29日、2018年12月18日開催セミナーの内容が一部含まれます。

開催日時

2019年3月4日(月)10:30~18:00 (受付開始10:00)
(SLCセッション 12:00~12:30)

会 場

独立行政法人情報処理推進機構内 会議室
東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス13階

主 催

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

共 催

一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)

後 援

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(ITCA)

定 員

50名

対象者

  • システム基盤の要件定義を担当する方(機能要求・非機能要求)
  • 非機能要求の定義がはじめての方・興味のある方
  • 非機能要求グレードを実務に活用したい方

非機能要求グレードを用いて、システム基盤に関する非機能要求を段階的に詳細化して定義する方法を理解し、現場で実践的に活用する力を身につけることができます。

申し込み方法・詳細

受付終了しました。

内 容

10:00~ 受付

10:30~12:00 非機能要求グレードの講義

情報システムを開発する際、ユーザ企業と開発企業の双方が要求を正確に認識するためには多大な苦労を伴います。なかでも非機能要求はその認識共有が難しく、手段も確立していません。本講演では、システム基盤における非機能要求の項目を段階的な選択肢として提示し、メニュー化した「非機能要求グレード」について解説します。

  • 非機能要求の重要性と課題
  • 非機能要求グレードを構成するツール群の紹介
  • 非機能要求の合意プロセス(ケーススタディ)
  • 講師
    非機能要求グレード改訂WG委員
    富士通株式会社
    デジタルフロント事業本部 デジタルビジネス事業部 ソーシャルエコノミー推進室
    マネージングITアーキテクト 河野 太基 氏

12:00~12:30 改訂版「非機能要求グレード2018」の紹介
         ~改訂のポイントと使い方のヒント~

近年のセキュリティ脅威の増大やクラウド・コンピューティングに代表されるシステム基盤の多様化などの社会情勢の変化に対応するため8年ぶりに改訂した、「非機能要求グレード2018」の改訂ポイントと、非機能要求グレードを構成する各種ガイド類の使い方のヒントを紹介します。

  • 講師
    非機能要求グレード改訂WG主査
    スミセイ情報システム株式会社 PMO部
    統括マネージャ 小浜 耕己

12:30~13:30 休憩

13:30~14:10 事例:システム構成検討における非機能要件の抜け・漏れを防ぐ
            シンプルな考え方
         ~上流工程にポイントをおいた非機能要求グレードのカスタマイズ事例~

システムの安心・安定を実現させるためには、機能要件も重要ですが、日々のシステム維持運用を支える非機能の仕組みも重要となってきております。非機能の定義は、システムの規模や導入コンセプトにより様々ですが、各要求に対しては、早い段階(上流工程)から方針を決めていく必要があります。
横河ソリューションサービスでは、システム構成検討の段階で非機能要件の抜け・漏れを防止するため、非機能要求グレードを活用しています。また、多岐にわたるチェック項目をシンプルにし、社内展開することで非機能の分野における属人性の排除や、システム構築におけるリスク軽減を行う活動をしております。
本講演では、非機能要求グレードをどのような考えでカスタマイズを行ったか、またその運用方法について簡単な事例を交えて紹介します。

  • 講師
    横河ソリューションサービス株式会社
    コーポレート本部 グローバルレスポンスセンタ(GRC)
    テクニカルソリューション部 ICTサポートGr
    体制構築チーム長 柳下 輝男 氏

14:10~18:00 演習:非機能要求グレードを体感的に学ぶ

非機能要求グレードを実際に用いて、ハンズオンを行います。運用時に発生したトラブルを題材に、モデルシステムの選択、重要項目の調整、メトリクスの検討・決定など、非機能要求を段階的に詳細化して定義する方法を実践的に学びます。また、ステークホルダ間で発生しやすい意識の齟齬や行き違いなどを体感することで、グレード表を使ったコミュニケーションの重要性について理解を深めることができます。

  • 講師
    非機能要求グレード改訂WG委員
    富士通株式会社
    デジタルフロント事業本部 デジタルビジネス事業部 ソーシャルエコノミー推進室
    マネージングITアーキテクト 河野 太基 氏
  • プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

問合わせ

スミセイ情報システム株式会社
セミナー事務局
TEL 03-3348-6715 FAX 03-3348-6344
e-mail semi@slcs.co.jp